エサレンボディワークでは「触れる」という行為を何より大切にし、

からだの繊細な働きや心とのつながりを感じられるように、
じっくりと全体を包むように触れていきます

「タッチの質」はセッション全体にも大きく影響し、

お客様自身の心や身体に対する「気づき」を促し、

その後の心身に起こる変容に大きな違いをもたらします。



―エサレンボディワークが生まれた土壌
エサレン®ボディワークはアメリカカリフォルニア州ビッグーサーのエサレン研究所で生まれました。
 太平洋の雄大な自然に囲まれ、温泉が湧き出るその場所では、人間の可能性を探求する体験型のワークショップが多数開催され、毎年世界中からたくさんの人が訪れています。
哲学、心理学、ヨガ、瞑想、ダンス、アート、太極拳などさまざまな分野に広がります。
ボディワークもその中のひとつです。
 
エサレン®マッサージは多くの世界的なボディワーカー達によって独自の自由でユニークなスタイルが出来上がり、今も進化し続けています。

―どんな事をするの?
 
スウェーディッシュマッサージをベースにし、ゆったりとした寄せては返す波のようなリズムで、足先から頭の先までひとつなぎで全身を包み込むロングストロークが特徴です。
そして、優しいゆらしのロッキング、
無理のないタイ式マッサージのようなストレッチ、深層筋肉へのディープワーク、指圧など…身体の構造を理解したアプローチ、多彩なテクニックを用います。
さらにはエネルギーワークやゲシュタルト療法など心理学が融合したとてもユニークで自由なマッサージです。
 

一般的なオイルトリートメントと何が違うの?


エサレン®マッサージは心と身体を全体として見るホリスティックな考えで、

身体を機械の部品のようにパーツごとに扱うのではなく、

心や魂も一緒になった全体の『からだ』として触れていきます。

 

「早くではなく、ゆっくり」
「強くではなく、深く」
「今ここの気づきを持って、あるがままを受け入れ、全体をつなげる」
 
この「身体」に対するホリスティック(全体的)な意識は一般的なオイルトリートメントと異なる点です。
 
身体の状態に常に寄り添う事で受ける側は深くリラックスでき、ゆっくりと自分自身の身体に意識を向けることができ、
内側のあるがままの自分への気付きがおとずれます。
 
プラクティショナーは良い悪いの判断をせず、探求するという気持ちで受け手の呼吸や身体の状態を観察し、
自然に起こる気づきのプロセスに寄り添っていきます。
 
 プラクティショナー自身も常に自分を観察し、フラットでオープンな状態でセッションに臨みます。
 
受ける側とプラクティショナー両者が共につながりを感じながら、心身の緊張を解放することが、身体の叡智に触れる瞬間をもたらしてくれます。
    
 


注:エサレンマッサージは治療を目的とする医療行為ではなく、リラクゼーションを促し、身体感覚の気付きと心身の統合、そして自然治癒力を高めるためのワークです。